通訳コラム

Around the World 連載第6回

文 英美 さん

韓国

通訳者にとって時間はハラハラ、ドキドキの連続です。本番、マイクのスイッチを入れる瞬間のピーンと張り詰めたような緊張感や高揚感、胸がドキドキします。一方、大変稀なことですが会議場に向かう途中、予期せぬ事態が発生した際はハラハラを通り越して心臓が止まりそうになります。 続きを読む

通訳と声 連載第10回

轟 美穂 さん

声のセルフトレーニング

「練習法を教わってもなかなか身につきません。どうしたら良いでしょうか」という質問をよく受けます。スポーツやダイエットなど、やると良いとわかっていてもなかなか続かない、という事はよくあるものですね。通訳者の皆さんは通訳技能という専門スキルを磨かねばならないのですから、なおさら大変なのだろうと感じています。 続きを読む

ビジネス用語と概念メタファー 連載第12回

梅 佳代 さん

議論のメタファー

今回は、第1回で少しだけ触れた「議論(argument)」のメタファーについてです。辞書で引くと、「議論」には、「論じ合うこと」と「論そのもの」の少なくとも二通りの意味がありますが、今回扱うのは後者の方です。前者には「戦争のメタファー」があると書きましたが、後者には Lakoff & Johnson の挙げている「旅」「容器」「建物」のメタファーがあります。 続きを読む

英語発音上達のコツ 連載第12回

米山 明日香  さん

正しい発音を知る

今回でこの連載の最終回を迎えます。さて、本連載では、「上手な発音」ではなく、「正しい発音の重要性」について言及してきました。ここで改めて、その点について強調したいと思います。発音は可視化できないものであることから、学習の際には困難が伴います。この点が、英語の文法を学ぶとか、読解を学ぶとか、語彙を学ぶとかといった可視化されうるものとは、一線を画するのです。 続きを読む

通訳の現場から 連載第25回

佐藤 祐大 さん

アクセスNEW

私にとって通訳という仕事とは、様々な情報、人々、経験に対して「アクセス」を与えてくれるものです。初めて通訳の真似事のようなことをしたのは、大学生のときでした。自分の出身の田舎町から、20名ほどのグループで、アメリカにホームステイをしに渡航したのです。 続きを読む

通訳者へのキャリア 連載第7回

勝木 一郎 さん

私は国会議員の秘書として働いた後で、サイマル・アカデミーの門を叩きました。日本の国会議員は、多くの場合、あまりたくさんスタッフを抱えていません。その結果、1人のスタッフがいろいろな役割を果たすことになります。 続きを読む

ページの先頭へ戻る

通訳者インタビュー「帰国子女でなくても通訳者に」

帰国子女ではないのに通訳者として活躍中の方々に、語学学習の方法や、通訳者になるために必要なスキルなどについてインタビューしました。 続きを読む

株式投資の基礎知識 - 金融通訳の入口として

IRなどの金融通訳の入口として、株式投資の基礎知識について解説します。金融・社会保険の分野に精通した講師による、全12回に渡る金融コラムです。

通訳者への道

プロの通訳者への道のり、そのポイントを通訳者の小松達也が教示します。

小松 達也のコラム

TOBIS 受験者の声

  • 通訳Q&A