これまでの講座 詳細

通訳の現場で役立つボイストレーニング研修【基礎】

実施概要

日程

  • (1) 7月31日(日) 10:00-13:00
  • (2) 8月3日(水) 18:00-21:00

内容

聴き取りやすい声、話し方のトレーニング法を学びます。声の音程、スピード、間のとり方などを工夫することで聴き手に安定感、安心感を与える、『信頼される声』を目指します。研修会場は実際の放送局のスタジオです。音の反響を吸収する環境で、長時間の発声にも耐えうる、本当の力強い声を作ります。

講師

長岡 公子 講師

ボイストレーナー、フリーアナウンサー。ラジオNIKKEIアナウンス講座他、アナウンス学校講師。その指導により、放送局アナウンサーを多数輩出。発声・発音の細かなズレを聞き分ける耳の確かさに、日常の話し方を改善したい人から声優やナレーターなど現役のプロまで幅広い層が学んでいる。

会場

ラジオNIKKEI本社内スタジオ 地図
(港区赤坂1-9-15自転車会館ビル6階)

講師の長岡 公子先生

複式呼吸を効果的に行う呼吸法トレーニング

当日会場でお世話になったラジオNIKKEIの浅野さん

これまでの講座一覧ページの先頭へ戻る

参加者アンケート

研修内容について
基礎がしっかりと身につけられ、自分特有のくせと改善案が教えてもらえて、大変有意義でした。
大変有意義でした。自分の考えの及ばない部分を専門家の立場から適切にアドバイスいただけたことは貴重でした。
大変勉強になりました。
素晴らしい先生でした。的確にだめなところを修正してくれ、声を分析してもらえたのが、すごくためになりました。
非常に細かく丁寧な指導をしていただきました。自分でも練習できるものをご紹介いただいたのもよかったです。
楽しくてためになりました。
大変わかりやすく、やる気がでる指導で楽しかったです。奥の深さに驚きました。是非またご指導いただきたいです。
内容は期待通りでしたか?
大変満足:83% 満足:11% 普通:6% 不満:0% 大変不満:0%
講座一覧ページの先頭へ戻る

参加レポート

通訳の仕事を始めてしばらく経ちますが、日々自分の声のハリのなさに悩んでいました。そんな私にピッタリだと思ったのがこの研修。プロのアナウンサーを指導されている講師が、聞き取りやすく、長時間の発声に耐えうる「力強い声」の作り方を教えてくれるということで、早速申込み、日曜の回に参加してきましたので、ご報告します。

講師の長岡先生はラジオNIKKEIさんの講習でも大変人気のあるボイストレーナー。体全体から声を響かせていらっしゃるように感じます。立ち姿、歩き方もキビキビしていらして"プロフェッショナル"という言葉がぴったりな方です。

研修はまず身体をほぐすことから始まりました。午前10時の開始時間に合わせて、休日に早起きしたせいか、やや身体にぎこちなさが残っていたので、これは効果的でした。「身体が硬いと声も出ない」と長岡先生。「運動を始めるつもりで」と、腕も回します。普段通訳する前にも使えそう。リラックス効果もあるそうです。

次に、発声の基本は「呼吸法」ということで、先生がお手本を見せてくれました。おそらくすぐに身に付くようなものではないのですが、呼吸をするとき、腹式呼吸(横隔膜を上下することによって行う呼吸法。女性は胸式呼吸が多い)を効果的に行なうことが「力強い声」への第一歩だそうです。 先生に教わった呼吸法でしばらく実践を繰り返し、体得を試みました。

呼吸法に慣れてきたら、いよいよ発声練習です。最初は一音々々をきちんと発声できるよう、"あ"から"ん"まで、47音一音ずつ練習。(よく演劇部がやっている「あ・え・い・う・え・お・あ・お」という大きな声でハッキリと言うアレです。) 受講者一人ひとりが一行ずつ発声するのを聞いて、先生が個別のアドバイスをくれました。最初はうまく発声できないのですが、先生から「声のトーンを落としてみたら?」など助言されていくうちに、段々自然で、のびのびとした声になっていきます。他の参加者の方が言われていることは、自分にも当てはまる改善点だったりするので、常に一定の緊張感を持って研修を受け続けることができました。

続いて今度は文章を読む練習。音のつながり(リエゾン)や、イントネーションに気をつけながら、息継ぎを工夫して、発声練習用の作成教材を読み上げます。先生から「もっと大きな声で! もっとでますよ!」と叱咤激励されるのですが、正直キツカッタ! でも、再度先生が、それぞれの声の質を活かす発声方法を指導してくれました。発音も自分ではまったく気付いていなかった訛りがあるみたいで、具体的に指摘していただいたので、今後気をつけようと思います。

そして最後に、ニュース原稿を読む実践練習をしました。IR(投資家向け情報)関連の短いニュースでした。本日教わったことを総動員して、呼吸法、一字一句の音、文章のイントネーションなどに気をつけて、大きく、はっきりした声を出すよう心掛けたのですが、発声に気をとらわれすぎて、文章の意味が頭に入ってこないせいか、いつもよりも多くつっかえてしまいます。教えていただいた発声方法をベースに、メッセージを伝達していくためには、もうひと頑張りが必要みたいです。

みっちり3時間の研修が終了した後は、文字通り、ヘトヘトになりました。正午を回ってお腹もペコペコ。きちんと発声するのって思っていた以上にエネルギーが必要なんですね。通訳は体力勝負と言われるけど、力強い(安定感のある)声をつくるのも、まずは身体が資本なんだ、ということを改めて感じました。今後も継続的に自主トレして、お客様が「聞きやすい」声を作っていきたいです。

講座一覧ページの先頭へ戻る
研修・セミナー
開講スケジュール
これまでの講座
講師紹介