Center for the Advancement of
Interpreting Skills

CAISは、通訳業界に関わる全ての方々の満足度向上と
業界全体の発展に貢献することを目的としたNPO法人です。

2021.06.25第24回TOBIS(ビジネス通訳検定)お申し込み受付は終了しました。

第24回TOBISは、7月11日(日)に東京会場およびオンラインにて実施します。受験のお申し込みは6月24日(木)まで。詳細は実施概要をご覧ください。

2020.03.03CAIS事業内容変更とメンバー制廃止のお知らせ

平素よりCAISをご支援いただきありがとうございます。
2020年4月より、下記の通りCAISの事業内容を変更し、メンバー制を廃止することになりました。

1. 事業内容変更について
これまで、通訳スキル向上ための研修/セミナー開催、ウェブサイト内でのコラムの発信、ビジネス通訳検定の実施などの活動をしてまいりましたが、2020年4月よりビジネス通訳検定の実施のみとなります。

2. メンバー制廃止について
個人メンバー/法人メンバー制度を廃止いたします。登録されているメンバーの情報は全て抹消いたします。

今後は、ビジネス通訳検定を通じて、通訳業務に携わる方々のスキルアップに貢献できるように活動を充実させてまいりたいと存じます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

CAISは、TOBIS(ビジネス通訳検定)の実施を通して、通訳者のスキルアップをサポートしています。

CAISについて

CAIS(特定非営利活動法人 通訳技能向上センター / Center for the Advancement of Interpreting Skills、以下CAIS)は、グローバル化の進展により、国際ビジネスの場において通訳の役割がますます重要になる中、2004年に株式会社サイマル・インターナショナルの協力により設立されました。

通訳は日々自己研鑽を積み続けなくてはならない厳しい仕事です。CAISは、TOBISの運営を通して通訳スキルの標準的な指標を示し、「自分に足りない技術は何か?」「どうすればレベルアップできるのか?」といった通訳者の声に応えていきます。

通訳者がスキルアップすることは、通訳サービスを受ける企業はもちろん、通訳エージェントや派遣会社など、通訳業界全体への活性化に繋がります。CAISの活動を通して、通訳業界に関わる全ての方々の満足度向上と業界全体の発展に貢献し続けます。

CAIS 概念図

理事

峉地 茂

峉地(かくち)

通訳者養成学校にて学んだのち、モントレー国際大学にて通訳スキルを更に磨く。1989年よりプロ通訳者として科学技術、エネルギー、国際関係と、幅広い分野で活躍中。

倉地 礼子

倉地 礼子

大学卒業後、石油会社、自動車会社に勤務して社内通訳や翻訳を経験。その間、通訳者養成学校で学び、プロ通訳者になる。官公庁、金融、経済、ビジネスなどの分野を中心に通訳を行なっている。

協力会社

株式会社サイマル・インターナショナル

株式会社サイマル・インターナショナル

創業以来、政府・官公庁、財界、企業、大学などにおける国際コミュニケーション活動を、質の高い通訳・翻訳によりサポートして参りました。また、サイマル・アカデミーでは語学のプロを養成し、サイマル・ビジネスコミュニケーションズでは高い語学力をいかした人材派遣・紹介で、日本のグローバル化に貢献しています。“Linking People and Countries”がサイマルの企業ポリシーです。

通訳・翻訳ブック

Webマガジン「通訳・翻訳ブック」

サイマル・インターナショナル運営のWebマガジン。知識とスキル向上のためのコンテンツを好評配信中。

ページトップへ