ビジネス通訳検定(TOBIS):求められる通訳スキルと適正業務、そのマッチングの課題を解決する通訳スキルの新基準です。

お知らせ

第16回は、2016年11月27日(日)に東京で実施しました。
お申し込み受付は終了しました。

第13回(2015年7月実施)、第14回(2015年12月実施)の受験者の声を公開しています。

TOBIS 検定概要

グローバル化の進展に伴い、企業内で活躍する通訳者の数も年々増え続けています。ただ、現状では、「ビジネス通訳」としてのスキルを評価する尺度が存在しないため、求められる通訳スキルと適正業務のマッチングに課題を抱えていることも事実です。
ビジネス通訳検定(TOBIS)は、通訳者が企業(団体)内で活躍するために必要な「通訳スキル」を判定し、この課題の解決に貢献します。また受験者の皆さんには、検定結果を個別にフィードバックしますので、今後のスキルアップに役立てていただけます。

第9回(2012年実施予定)より、試験方式と受験料を改定いたします。詳しくはTOBIS 試験方式と受験料改定のお知らせをご覧ください。

試験内容と受験資格

TOBISは、逐次通訳試験と、同時通訳試験の2つの試験からなります。試験の成績に応じて1級〜4級を判定します。

逐次通訳試験

2〜4級判定試験です。
ビジネスの現場を想定した逐次通訳の技術を判定します。

試験内容 逐次通訳:録音 約30分
(英→日、日→英)
判定 2級〜4級

同時通訳試験

1級判定試験です。
ビジネスの現場を想定した同時通訳の技術を判定します。

試験内容 同時通訳:録音 約20分
(英→日、日→英)
判定 1級

対象・受験資格

以下3通りの受験方法より選択できます。

  • 通訳業務経験者(企業内通訳者、企業派遣通訳者含む)
  • 通訳を目指して勉強中の方

逐次通訳試験

上記の方で、かつ次のいずれかに該当する方、またはそのレベルに準ずる方
  • 同時通訳実務経験 2年以上
  • 同時通訳専門訓練を修了した方

逐次通訳試験および同時通訳試験(両方受験)

過去2年以内のTOBIS 2級取得者

同時通訳試験

※1級以外を目指す方は、「同時通訳試験」の受験は必要ありません。

※過去2年以内のTOBIS試験で既に2級を取得しており、今回1級を目指して受験を希望される方は「逐次通訳試験」を免除します。
2016年11月27日に実施される第16回TOBISを受験する方につきましては、第11回(2014年7月大阪)、第12回(2014年12月東京)、第13回(2015年7月大阪)、第14回(2015年12月東京)、第15回(2016年7月大阪)の各TOBISのいずれかにおいて2級を取得した方が該当します。

判定

1〜4級の等級判定をします。

1級 逐次通訳の技術が十分あり、ウィスパー/同時通訳にも対応できる。未経験の業界・業種の通訳業務にも順応性がある。業務例として、マネージメントレベルの会議や、社内全体の会議に出るようなより重要なポジションでの業務など。ビジネス通訳者としての信頼度は高い。
2級 逐次通訳の基礎ができている。社内の事情や業界に慣れれば、ウィスパー通訳にも対応できる素養がある。業務例として、部署付き、プロジェクト付きや個人付きでの通訳など。ビジネス通訳者として適切なレベルにある。
3級 ビジネス通訳者としてビギナーレベルにあり、一般的な社内会議において、要点を掴んで逐次通訳を行うことができる。プロ養成目的の通訳訓練を受けることにより2級取得も可能。業務例として、逐次通訳を含むアシスタント、展示会や見本市での通訳サポートなど。
準3級 一般的な内容をおおまかに捉えて伝達することができる。第2言語の力、特に表現力を伸ばせば3級取得も可能。業務例として、コミュニケーションサポートを含むバイリンガルセクレタリー、アシスタント、英文事務など。
4級 第2言語の力、通訳スキルともに認定基準に達していない。まずは第2言語の力の増強が必要。

第14回(2015年12月/東京) 級別分布 - 1級:3% 2級:15% 3級:21% 準3級:23% 4級:38%

第13回(2015年7月/大阪) 級別分布 - 1級:1% 2級:10% 3級:27% 準3級:19% 4級:43%

フィードバック

各技能のランク評価
逐次(英→日、日→英)、同時(英→日、日→英)の各技能をA〜Cの3ランクで評価。
個別コメント
判定者によるコメントがあります。自分の弱点と補強していくポイントがわかることで今後の学習の課題が明確になります。

Q&Aもご覧ください。

ページの先頭へ戻る
検定のご案内
TOBIS 検定概要
Q&A
過去の出題例
受験者の声
第16回 受験要項・お申込